ホーム  >  教員免許状更新講習
教員免許状更新講習
平成19年6月の改正教育職員免許法の成立により、平成21年4月1日から「教員免許更新制」が実施されています。これにより教員免許は更新制となり、更新のための講習を受ける必要があります。本学では、昨年に続き、選択領域の講習を実施します。
受講(手続き)について
熊本県内の大学などで開講される講習の申込みは、「教員免許状更新講習管理システム」から行います。
また、講習の日程や内容については、事前に文部科学省や各大学のホームページなどで確認ができます。
本学で開設する教員免許状更新講習について
本学では選択領域として、5つの講座を開設いたします。5講座とも、募集期間は 平成25年4月18日(木)〜6月28日(金)、受講料は 6,000円 としております。

  ◎ 教育的コミュニケーションの理論と実践・・・・・・・・・・・平成25年8月19日(月)
  ◎ 家庭、学校をつなぐソーシャルワークの視点から・・・平成25年8月20日(火)
  ◎ 学校事故における危機管理・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・平成25年8月21日(水)
  ◎ 学校保健安全の進め方・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・平成25年8月22日(木)
  ◎ 発達障害の理解と具体的支援の考え方・・・・・・・・・・平成25年8月23日(金)

※日程や内容などの詳細は、「九州看護福祉大学平成25年度教員免許状更新講習のご案内(PDF)」をご確認ください。

本学の講習に関するお問い合わせ先
九州看護福祉大学 教務課
TEL:0968-75-1851
「教員免許更新制」の基本的なポイント

(1)その時々で教員として必要な資質能力が保持されるよう、定期的に最新の知識技術を身に付けることで、教員が自信と誇りを持って教壇に立ち、社会の尊厳と信頼を得ることを目指すものです。

(2)教員免許状に10 年間の有効期限が付きます。

(3)有効期限満了前の2 年間に30 時間の免許状更新講習の受講が必要です。

(4)平成21 年3 月31 日以前の教員免許状取得者にも、更新制の基本的な枠組みが適用されます。


「教員免許状更新講習」について
本人の専門や課題意識に応じて、教職課程を持つ大学などが開設する講習の中から、下記のとおり必要な講習を選択し、受講することとなっています。

(1)【必修領域】 教育の最新事情に関する事項(12 時間以上)

(2)【選択領域】 教科指導、生徒指導その他教育の充実に関する事項(18 時間以上)


※詳しい情報は文部科学省のホームページでご確認ください。
http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/koushin/index.htm
このページの先頭へ