ホーム  >  学科紹介  >  社会福祉学科  >  学科長メッセージ
社会福祉学科
学科長メッセージ
福祉とは何か、自分の適職とは何か。
将来の進路を見据えながら学びましょう。
福祉とは人間の暮らしがある限り必要となるもの。心身または日常生活に問題や悩みを抱えている人々と深く関わり、人間らしい暮らしを実現できるようサポートする。それが福祉のプロであるソーシャルワーカーの仕事です。

けれども、ひと言で福祉と言っても働く現場は幅広いもの。高齢者福祉や児童福祉、障がい者福祉など、仕事の内容も細分化しています。大切なのは世の中にどんな福祉の仕事があるのか、全体的な仕組みや関係性を把握しておくこと。学生がどの道に適しているのか見定められるように、社会福祉学科では地域とのふれあいや豊富な実習などを通して、一人ひとりの将来の進路を的確に絞り込んでいけるように、学修支援を多面的に実践することに努めています。

目指すべきは「福祉のこころを持った実践家」。一人の人間として成長した皆さんが力を発揮できる日を、あらゆる福祉の現場が心待ちにしています。
学科長

社会福祉学科長
吉光 清 教授

このページの先頭へ