ホーム  >  学科紹介  >  社会福祉学科  >  概要とカリキュラム
社会福祉学科
概要とカリキュラム
「目線を重ね」、人間をトータルに理解する
コミュニケーション力を育てる。
写真
様々な福祉課題をかかえた人々が地域社会の一員として安心して暮らすことができるようにする。それが福祉専門職の役割です。そのためには、心と体あるいは社会的・経済的な課題を広い視野で捉え、解決・調整する力が必要です。この社会福祉学科では、自分の目線を相手の目線と重ねて、人間をトータルに理解できるコミュニケーション力を育てることを基本としています。

また高齢者、障がい者、ニートやいじめなど、社会福祉が扱わなければならない問題は大きく広がり、多様化、複雑化してきており、社会福祉の専門職、実践者には今まで以上に高い能力が求められます。そこで、社会福祉をリードする人材を育てるため、まず、社会福祉を実践できる基礎力を獲得させます。学生が自分の希望と特長を活かせる目標を定めたうえで、「履修科目群」方式で深く学べるよう、実践力と応用力を養うカリキュラムを準備しています。
  写真
九看大社会福祉学科ならではのポイント
「保健」「医療」「福祉」をトータルに学ぶ
総合的に福祉問題に取り組めるよう、医療や保健関連の科目も受講できるカリキュラムを編成しています。

基礎カリキュラムと3 つの履修科目群
基礎カリキュラム(必修と選択)を全員が履修し、さらに3つの「科目群」の一つを重点的に履修します。これにより、福祉の実践を可能にする知識、情報、技術を深く学び、修得するとともに、国家試験受験資格や教員免許の取得も可能になります。将来の実践における“強み” を考えて、他の「科目群」を部分的に履修することも可能です。

教員免許が取得できる
「共通カリキュラム」と「3つの科目群」の選択履修に加えて、教職科目を履修すると、高等学校教諭1種免許(福祉)もしくは養護教諭1 種免許を取得することができます。
※多くの資格取得を目指すことは履修科目が増加し、負担も大きくなるため、修得可能な資格は、複数の資格から2 つの資格を組み合わせたものとなります。
 
3つの履修科目
社会福祉学科で、より重点的に学ぶ「3つの履修科目群」とは以下の科目群となります。
※「介護福祉士国家試験受験資格」を取得するには、1年次から所定科目を含んだ履修を進め、「介護総合演習」、「介護実習」を選択履修することが必要です。

地域福祉実践科目群(「くらし」や「社会のしくみ」から考える科目群)
福祉臨床科目群(「くらし」を「こころとからだ」から考える科目群)
福祉文化科目群(「くらし」の支援を広く考える科目群)
 
Pick Up! カリキュラム
円滑なコミュニケーション能力と高度な技術を修得し、実践力を養うカリキュラムのなかから、代表的なカリキュラムをピックアップ。
 
基礎演習
新入生が直面する戸惑い、困難等を解消し、学生生活への適応、授業リテラシーの獲得を支援するための学習を進めます。また、施設見学等を通じて社会福祉の学習をどう将来に活かし、仕事を具体化するかを考える時間ともなります。

精神保健福祉論
こころの病や障がいを「人とその周囲の環境」に視点をあてて考えます。現象として目の前に起こっている問題の背景や、日本の精神保健福祉に関する施策について歴史を遡って考えます。

相談援助演習
ソーシャルワーク、さらには広く福祉に関連する領域においても、効果的な対人支援を行うために必要となる相談技法(スキルやテクニック)について学び、それらの習得を目指し、小集団による演習の形で学習を進めます。
 
このページの先頭へ