ホーム  >  学科紹介  >  社会福祉学科  >  地域福祉実践科目群
社会福祉学科
地域福祉実践科目群
「くらし」を「社会のしくみ」から考える科目群
写真
私たちの「くらし(日常生活)」は地域や社会のしくみの中に存在します。この科目群では、「くらし」を支えることを地域や社会のしくみとの関連で考える視点や方法を学びます。個人や家族、地域住民の「くらし」に焦点をあて、社会福祉法制度や福祉サービス・社会資源を活用して利用者の支援を行うことを学習する科目群です。そうした学習を通して、私たちの「くらし」をより良くするヒントや実践の手がかりを得ることができ、それらを地域や社会に還元することも可能になります。

地域社会では、さまざまな事情で必要な支援を求める手立てがない人がいます。それを代弁するのがソーシャルワークの原点です。ここでは、高齢者や障がい者に必要なサポートの問題を専門的知識・技術で解決する能力を身につけます。人々が働くための支援や地域での「くらし」を守る生活保障などの制度について学び、日々変化する社会情勢に対応し、「くらし」を支える知識を学習します。

福祉の仕事は直接ケアをすることと考えられがちですが、それだけでは成り立ちません。様々な法制度や施策があるからこそ、安心して「くらし」ていけます。困っている人がいることは、社会のしくみがうまく働かず、必要のない苦労を背負わされているのかもしれません。社会福祉の実践者は、社会のことやその成り立ちを知り、地域や社会のしくみを創り上げ、変えていくことも必要なのです。
 
卒業までの歩み
「社会福祉士国家試験受験資格」を取得するモデル
入学

基礎カリキュラム

「くらし」を「社会のしくみ」から
考える科目群を重点的に履修

相談援助演習・実習

社会福祉応用実習(任意)

卒業研究

国家試験受験資格

学位記授与
 
資格
上記、履修モデルで取得可能な資格
社会福祉士国家試験受験資格
  同時取得が可能な資格 (下記の資格から1つまで可能)
精神保健福祉士国家試験受験資格
認定心理士
高等学校教諭1種免許(福祉)
養護教諭1種免許
介護福祉士国家試験受験資格
生きがい情報士
 
このページの先頭へ