ホーム  >  学科紹介  >  リハビリテーション学科  >  先輩からのメッセージ
リハビリテーション学科
先輩からのメッセージ width=
写真

看護福祉学部
リハビリテーション学科

日髙 優人さん
屋久島高等学校/鹿児島県

Q1 リハビリテーション学科を選んだ理由はなんですか?
高校時代、陸上部に所属しており、その練習中にケガをしました。その際、理学療法士の方にお世話になったのが、この職業を知ったきっかけです。元々、人と関わる仕事に就きたいと考えていたのですが、そのなかでも自分のようにケガをした人を助けたいと思うようになりこの学科を選びました。

Q2 リハビリテーション学科ではどんなことを学んでいますか?
理学療法専門科目の授業では、グループに分かれディスカッションする「問題解決型学習」が行われます。そこでいろんなことを話し合い解決していくうちに、あまり得意ではなかった「自分の意見を発表する力」がだいぶん身についてきたように思います。また、人の意見もよく理解できるようになりました。

Q3 今後、九州看護福祉大学のリハビリテーション学科を目指す人へのメッセージ。
理学療法士は専門性の高い職業なので、勉強も難しく大変です。挑戦する前から構えてしまったり勉強を始めても挫折しそうになったりするかもしれませんが、「絶対、理学療法士になる!」という強い意志と高い理想をもって、着実な学習を進めていけば問題はないと思います。
 
 
Q1 リハビリテーション学科を選んだ理由はなんですか?
二人の姉が医療関係の仕事についていて、以前から医療職に対する興味を持っていました。その姉が、体を動かすことの好きな私に薦めてくれたのが理学療法士の仕事です。自分でも色々と調べてみて確かに向いているなと思いこの学科へ進むことを決めました。

Q2 リハビリテーション学科ではどんなことを学んでいますか?
問題解決型学習のグループワークでは、自ら学ぶ姿勢、協調性、コミュニケーション能力などが問われます。常にグループ内で、ディスカッションを行わなければならず、試験も口頭試験なのでグループの連帯責任が大切になってきます。難しいこともいっぱいありますが、先生方の熱心な指導のおかげで濃い内容の授業になっています。

Q3 今後、九州看護福祉大学のリハビリテーション学科を目指す人へのメッセージ。
高校3年生のときはいろいろと迷うこともあると思いますが、資格取得など具体的な目標を明確にして、自分を信じて努力することが大切だと思います。
写真

看護福祉学部
リハビリテーション学科

馬場 歩さん
八女高等学校/福岡県

 
※問題解決型学習(PBL)について、詳しくはこちらをご覧ください。
このページの先頭へ