ホーム  >  学科紹介  >  リハビリテーション学科  >  概要とカリキュラム
リハビリテーション学科
概要とカリキュラム
まずは、確かなリハビリ技術。そして対象者の
暮らしまで見通す対応力を身につける。
写真
保健・医療・福祉分野の進歩は著しく、それをとりまく社会環境と共に大きく変化しています。そのため、その分野で求められる人材もより専門的で高度な知識・技術、さらには広い視野と良識的な教養を備えていることが必要とされ、今後のチーム医療を担う一員として、総合的かつ横断的な知識と判断力が重要視されてきています。

そのような社会からの要請を受け、本学科では保健・医療・福祉が互いに融合した幅広い知識、その実践力を備えた人材の育成を目指しています。4年制大学の利点を活かし、自主性、問題解決能力を養う実践授業を多く導入するなど、きめ細やかで充実した学習環境を完備。「何よりも障がいをもつ方々のために」を合言葉に、それを実行できる確かなスキルと共にあたたかく豊かな心を養っていきます。
  写真
九看大リハビリテーション学科ならではのポイント
地域リハビリテーションのノウハウを学ぶ
高齢者や障がい者、乳幼児などが自分らしく生活できるように地域リハビリテーションを担うためのスキルを地域理学療法学や生活環境学、小児理学療法学などの学問とその実践例を通して習得していきます。

『問題解決型学習』の導入
臨床現場における問題解決能力を高めるため本学科では、『問題解決型学習』というグループディスカッションを通じて課題を解決していく学習方式を取り入れています。

チーム医療を担うための技能を習得
他の学科との交流を通して、保健・医療・福祉の知識、スキルを幅広く習得。チーム医療の一員としての技能を養っていきます。
 
写真

問題解決型学習について

臨床現場で働く人のための学習法として生まれた問題解決型学習法。1枚の処方箋から患者様の状態を読み解き、想定される注意事項などに配慮しながら必要な処置を行う「実践的な能力」を養うためのものです。リハビリテーション学科ではこれを1年次から導入。処方箋などをもとに、グループディスカッションを通じて、学ぶべき課題(どんな処置が必要か、どんな懸念があるか)を見つけ、一人ひとりの「自ら学び、考える力」を育んでいきます。また、グループディスカッション形式の学習法だから、リーダーシップや協調性、積極性など、チームで働くために必要な能力も身につけられます。
 
卒業までの歩み
入学

アーリーエクスポージャー(早期体験学習)

専門基礎科目

基礎理学療法学

臨床理学療法学

臨床実習 I(3年次2学期)

臨床実習 II(3年次2学期)

臨床実習 III(4年次1学期)

卒業研究

国家試験受験

学位記授与
 
Pick Up! カリキュラム
保健・医療・福祉の幅広い視野をもち、心と身体の両方から援助できる力を身につけるために用意されたカリキュラムのなかから、代表的なカリキュラムをピックアップしています。
 
バイオメカニクス
バイオメカニクス(生体力学)では、重力・床反力あるいは関節モーメントと言った主に力学的要素から身体の運動メカニズムについて学びます。

理学療法評価学演習
評価とは、患者さんの全体像把握(問題点抽出)→目標設定→治療計画立案の過程を指します。授業では、理学療法における評価の意味やその位置づけ、具体的技術について学習します。

内部障害理学療法学
内部障害理学療法学は、心臓病や糖尿病などの患者さんの運動療法、治療技術、生活指導などを学ぶ科目です。
 
このページの先頭へ