ホーム  >  学科紹介  >  口腔保健学科  >  学科長メッセージ
 口腔保健学科
学科長メッセージ
“人を感じる力”が、
ヒューマンケアを加速する!
食育や生活習慣病予防、介護予防など人間のあらゆるライフステージで口腔保健の重要性が再認識されています。本学が蓄積してきた保健・医療・福祉の英知を口腔保健の専門職育成に活かし、時代のニーズに応えるために本学科は設立されました。 看護福祉学を母体とした日本初の学士課程として始まった口腔保健学の教育・研究は、他領域との大きな相乗効果を発揮し、ヒューマンケアをさらに加速するものと確信しています。

相手があなたを必要としている瞬間をとらえる“人を感じる力”は、人間の健康や生活に携わる全ての専門職が備えておくべき力であり、その力を身につけることは本学科の重要な教育目標の一つです。

多様な価値観を持つ人々の発信する様々なメッセージは、その人の身体情報であるとともに、生き方や願いであり、ケアする者にとって最良の糧であるからです。本学科での学びは、口腔保健の専門教育から保健・医療・福祉の各領域にわたるヒューマンケアの広範で、高度な理論・知識、技能を修得できるよう組み立てられています。幅広い視野と高い専門性を持つ歯科衛生士として国内外で歯科医療に従事すること、学士(口腔保健学)を持つスペシャリストとして保健福祉行政や健康関連企業へと活躍の場を広げること、学校教育現場で口腔保健のバックグラウンドを持つ養護教諭として専門性を発揮すること等、多様な社会的期待がよせられています。本学での新しい口腔保健との出会いが一人一人の医療専門職としての人生も加速するよう願っています。

学科長

口腔保健学科長
徳永 淳也 教授

このページの先頭へ