ホーム  >  学科紹介  >  看護学科  >  先輩からのメッセージ
看護学科
先輩からのメッセージ
写真

看護福祉学部 看護学科
野中 麻衣さん
天草高等学校/熊本県

Q1 看護学科を選んだ理由はなんですか?
幼い頃は病弱で、よく病院や学校の保健室のお世話になっていました。そのとき私を支えてくれた看護師さんや保健室の先生の優しさ、思いやりのある言葉は今でも印象に残っていて、それが看護学科へ進むきっかけとなりました。私も温かい気持ちで多くの人の心と身体に元気を与えられる人になりたいと思っています。

Q2 看護学科ではどんなことを学んでいますか?
「看護」というのは「人」と向き合う仕事なので、専門知識だけでなく、学生のころからいろんな人と接すること、関わること、そして人の話を心から聞き、考えていることや背負っていることを受け止められるように気をつけています。どんな人にも愛情を持って接することが大切だという意識を忘れず学習を進めています。

Q3 今後、九州看護福祉大学の看護学科を目指す人へのメッセージ。
「看護」という仕事は専門職なので、どんなことを勉強するのかイメージしづらいところがあるかもしれません。私の場合は、高校3年生のときに「1日看護体験」に参加し、実際に現場を見て、自分の進むべき道はこれだと確信できました。みなさんもいろんなことにまずは参加して自分の道を拓いてほしいと思います。
 
 
Q1 看護学科を選んだ理由はなんですか?
看護師をしている母の影響もあり、私も何か手に職をつけたいと思っていました。最初は保健師の免許取得を目標として入学しましたが、いろんなことを学んでいくなかで助産師という仕事に感動し、今ではそれを目指して勉強しています。将来は町の産院でたくさんの赤ちゃん誕生の瞬間に関わりたいと思っています。

Q2 看護学科ではどんなことを学んでいますか?
今は看護・保健・助産について学んでいて、その全てが人の命と関わる仕事だということを大切に感じています。知識や技術の習得はもちろんですが、そのなかで自分自身の人間性も養っていければと思っています。そして、それを患者さんのQOL(生命と生活の質)向上の援助へとつなげていきたいです。

Q3 今後、九州看護福祉大学の看護学科を目指す人へのメッセージ。
進むべき道に迷ったときには、向いているか、向いていないかではなく、自分が何をしたいのか、どんな人になりたいのかといった具体的なビジョンと目標を基準にすべきだと考えています。そうすることで、あなた自身の進路、将来が自然と拓けてくるように思います。
写真

看護福祉学部 看護学科
伊藝 可南子さん
宜野座高等学校/沖縄県

このページの先頭へ