ホーム  >  学科紹介  >  看護学科  >  概要とカリキュラム
看護学科
概要とカリキュラム
保健・医療・福祉をトータルに学ぶ。
「実習で確かな実践力を身につける。
写真
本学科では、地域の生活者に根ざした看護・保健活動ができる人材の育成を目指しています。「生活者に根ざした看護・保健活動」には、看護や保健の側面だけでなく、生き方・考え方までを含めたその人自身を理解し、生活全体を見つめる力が必要になります。

そこで本学科では、看護の対象である“人”を総合的に理解することを基本に、「保健・医療・福祉」の3つの領域を総合的に学習し、学問的な知識と信頼できる技術をもった専門職を育成します。

生活者に根ざした看護・保健活動のために、幅広い知識とスキル、よりより看護・福祉を自分自身で考え、実践する力、そして「豊かな人間性」を身につけること。これらを大きな教育目標にしています。
  写真
九看大看護学科ならではのポイント
「保健・医療・福祉」をトータルに学ぶ
総合的に医療に取り組めるよう、福祉や保健関連の科目も受講できるカリキュラムを編成しています。また希望者は保健師や教員などを目指せます。

生活者に根ざした看護・保健活動
1年次から地域看護を学ぶことで、医療だけではなく、保健という側面から生活者を理解する視点を学びます。

あらゆる場面で対応できる実践力
実習を重視し、実際の看護業務に触れる臨地実習など、多彩な実習施設で体験を積み重ねられます。
 
卒業までの歩み
入学

共通科目
共通専門科目

専門科目
生体機能・形態演習
基礎看護学実習

看護統合演習
臨床看護学実習
看護統合実習

卒業研究
※保健師関連の講義(保健師課程のみ)
※公衆衛生看護学実習(保健師課程のみ)
※教育実習(教職課程のみ)

国家試験受験

学位記授与
 
Pick Up! カリキュラム
地域の生活者に根ざした看護・保健活動が身につけられる看護学科のカリキュラムのなかから、特徴的なカリキュラムをピックアップしています。
 
生体機能・形態演習
構造上の知識を、学内実習・実験で体得します。各種モデル標本を用い、より具体的に生体機能の正常と異常を理解し、科学的根拠に基づく看護の基盤とします。

看護技術
生理学・解剖学の知識を基に看護技術の講義内容を復習しながら、安全で安楽な看護ケアの実際について少人数制で学習します。

小児看護学
新生児期から思春期に至る広い範囲の発達過程の対象者に応じた看護を学びます。知識・実践(演習・実習)と学びを深めて、統合されていきます。
 
このページの先頭へ