ホーム  >  入試情報  >  奨学金・学修支援制度
奨学金・学修支援制度

奨学金制度

保護者の方の負担を減らし、学生の充実した学生生活を支援するため、大学独自の奨学金制度や日本学生支援機構奨学金のほか、地方自治体、財団法人、民間団体などの奨学金制度を設けています。なかでも、日本学生支援機構の奨学金は幅広く募集されています。

平成23年度の実績

九州看護福祉大学奨学金(4年次が原則)
  区分 貸与額 採用数
前期募集 貸与(無利子) 授業料相当額 3名
後期募集 貸与(無利子) 授業料相当額 6名
  日本学生支援機構
  区分 月額 採用数
第一種奨学金 貸与(無利子) 30,000円
54,000円(自宅)
64,000円(自宅外)
101名
第二種奨学金 貸与(有利子) 30,000円
50,000円
80,000円
100,000円
120,000円
の5種類から選択
247名

※詳しくは、JASSOのサイトをご覧ください。

  各地方自治体奨学金・民間団体・その他奨学金
熊本県育英資金/熊本市奨学生/北九州市奨学資金/長崎県看護職員修学資金/宮崎県育英資金/熊本県社会福祉協議会(介護福祉士等修学資金)/大分県奨学会/長崎育英会/沖縄県国際交流・人材育成財団/山口県ひとづくり財団/あしなが育英会/交通遺児育英会/壽崎育英財団 

学修支援制度

初年度納付金の延納・分納制度
入学手続きの際、本学では入学金と前期授業料などの合計、約69〜90万円が必要となります。定められた期日までに一定の金額を準備しなければいけないことから、保護者への負担が大きいことも予想されます。期日までに授業料などの納付が困難な場合、延納もしくは分納することが可能です。

兄弟姉妹の入学金返還制度
本学では、開学以来、兄弟や姉妹の方が入学するケースが増えています。そうした家庭を経済的に、少しでも支援したいという思いより、兄弟姉妹に卒業生や在学生がいる場合、一旦納入した入学金を入学後に全額返還する制度があります。
※入学後に必要書類の提出が必要となります。

遠隔地出身者の帰省旅費支給制度
親元から遠く離れて暮らす学生の帰省を支援する制度です。本学(熊本県玉名市富尾)から、約1,000km圏外に、保護者の居住地がある場合、帰省に必要となる交通費の全額を、年1回支援しています。

学業特待生制度(一般特待生)
本学では、入学特待生の他に2年次以上の学業成績上位者を対象とした一般特待生を設けています。優遇措置の内容として、認定を受けた年度の授業料30万円を減免します。
このページの先頭へ