ホーム  >  入試情報  >  アドミッションポリシー
アドミッションポリシー

看護福祉学部

九州看護福祉大学は、看護学科、社会福祉学科、リハビリテーション学科、鍼灸スポーツ学科、口腔保健学科の5学科から成り立っており、人間の尊厳に基づく豊かな教養と高度な専門的知識・技能を備え、保健・医療・福祉のスタッフとして活動するとともに、広く社会に貢献できる質の高い専門職を養成します。
以上の観点から、本学は次のような人を求めています。
 
1.人間の尊厳に共感し、人間愛を備えている人
2.保健・医療・福祉のチームの一員として協調性と積極性を備えている人
3.科学的探究心と学習意欲並びに行動力を備えている人
4.社会環境に適応し、多様な価値観を受け入れる寛容性を持てる人
5.保健・医療・福祉の仕事に熱意を持っている人
  看護学科
本学科は、生活者の心身の健康及び地域の健康問題を捉え、それを解決する能力を持ち、あわせて幸福や生きる意味について生活者と共に考えることのできる人間学的知見をも有した人材を養成することを目的としています。そのため、以下のような人材を求めています。
 
  1. 人間の尊厳に共感し、人間愛を持っている人
  2. 多様な価値観を受け入れる寛容性を持っている人
  3. 社会の役に立ちたいという熱意を持っている人
  社会福祉学科
本学科は、生活者の視点から当事者並びに家族、地域住民を含む多くの“人”を対象に解決すべき諸問題を捉え、社会福祉の領域はもとより、医療福祉や福祉行政においても活躍できる有能な人材を養成することを目的としています。そのため、以下のような人材を求めています。
 
  1. 人々に温かな気持ちと思いやりを持ち、人々に役立つために行動したいと考える人
  2. 福祉の理念やソーシャルワークの技法を学び、
    それを活かして地域社会に貢献したいと考える人
  3. 福祉領域や教育の資格を取得して、さまざまな現場で専門的な支援を行いたいと考える人
  4. 児童、高齢者、障がい者など、支援が必要な状態にある人々のため、
    粘り強く実践を行おうと考える人
  5. 過疎地域の福祉や災害時の緊急援助、海外における国際協力活動などにも関心を持っている人
  リハビリテーション学科
本学科は、広い視野と良識ある教養を持ち、チーム医療を担う一員として総合的かつ横断的な知識、判断力を有し、保健・医療・福祉の現場における対応能力に優れた人材を養成することを目的としています。このような観点から、「夢」「心」「努力」「責任」をキーワードに、以下のような人材を求めています。
 
  1. 将来の仕事について「夢」を語れる人
  2. 相手の立場に立って共感できる「心」を持てる人
  3. 目標に向かって、精一杯「努力」できる人
  4. 成すべきことに「責任」を持って臨むことができる人
  鍼灸スポーツ学科
本学科は、広い視野と良識ある教養を持ち、医学的、科学的検証に必要な知識及び判断力を有し、生活者への対応能力に優れた人材を養成することを目的としています。そこで、鍼灸医療、運動科学の専門性を追究し、統合医療の中心的役割を担うことができ、また、鍼灸治療や運動指導を通して人々の健康な生活を全人的に支援できる、以下のような人材を求めています。
 
  1. 科学的探究心と自己向上心に溢れ、豊かな個性と明確な意思を持つ人
  2. 医療の原点は「人間愛」であることを理解し、その心を持つ人
  3. チーム医療や鍼灸治療に反映できるような分析力、柔軟性、協調性を持つ人
  4. 統合医療を担う者として、人々の健康な生活を支える意志と責任感のある人
  5. 伝統医学を研鑽する豊かな感性と知性を持つ人
  6. 地域社会から国際社会まで、場所を問わず独立した心と行動力のある人
  口腔保健学科
多様化する“健康”とQOL(生活の質)の向上のために、“人を感じる力”、“支援力”をもとに口腔保健が持つ理論と技能を、人間のライフステージや生活の場であるコミュニティに応じて発揮できる人材の養成が本学科の目的です。このような目的を達成するために、本学科では次のような人材を求めています。
 
  1. 豊かな人間性を持ち、人々の多様な健康観を理解し、共有しようとする態度を身につけることのできる人
  2. 心身の成長発達過程や生活者としての人間の有り様に深い関心を持ち、
    それらをもとに口腔保健学の高度な技術を用いて支援したい人
  3. 論理的思考力を備え、口腔保健学の研究・教育を科学的探究心によって先導し、
    ヒューマンケアにおける新しい口腔保健活動を展開したい人
このページの先頭へ