ホーム  >  入試情報  >  学費
学費
下記の金額は、平成24年度入学生用のものです。

初年度納付金

  看護学科 社会福祉学科 リハビリテーション学科
前期 後期 前期 後期 前期 後期
入学金 200,000円 - 200,000円 - 200,000円 -
授業料 475,000円 475,000円 300,000円 300,000円 475,000円 475,000円
実験実習料 72,500円 72,500円 52,500円 52,500円 95,000円 95,000円
施設設備資金 80,000円 80,000円 80,000円 80,000円 80,000円 80,000円




学友自治会費 15,000円 - 15,000円 - 15,000円 -
同窓会費 20,000円 - 20,000円 - 20,000円 -
後援会費 10,000円 - 10,000円 - 10,000円 -
学生総合
傷害保険
3,710円 - 3,300円
(3,710円)
- 3,710円 -
新入生学外
研修費
2,000円 - 2,000円 - 2,000円 -
抗体価検査料 5,350円 - 5,350円 - 5,350円 -
883,560円 627,500円 688,150円
(688,560円)
432,500円 906,060円 650,000円
1,511,060円 1,120,650円
(1,121,060円)
1,556,060円

※( )内は、社会福祉学科介護福祉課程の金額。
 
  鍼灸スポーツ学科 口腔保健学科
前期 後期 前期 後期
入学金 200,000円 - 200,000円 -
授業料 475,000円 475,000円 300,000円 300,000円
実験実習料 72,500円 72,500円 52,500円 52,500円
施設設備資金 80,000円 80,000円 80,000円 80,000円




学友自治会費 15,000円 - 15,000円 -
同窓会費 20,000円 - 20,000円 -
後援会費 10,000円 - 10,000円 -
学生総合
傷害保険
3,710円 - 3,710円 -
新入生学外
研修費
2,000円 - 2,000円 -
抗体価検査料 5,350円 - 5,350円 -
883,560円 627,500円 688,560円 432,500円
1,511,060円 1,121,060円

 
私立大学と比べて、こんなに安い学費!
本学は『公設民営』の大学。そのため、他の看護・福祉・リハビリ系の大学に比べ、学費を低く抑えられるメリットがあります。私立大学の平均より看護系で約34万円、福祉系で約19万円、リハビリ系で約28万円、鍼灸系で約51万円も安く設定。
社会のために貢献したいという学生たちのやる気をサポートします。

初年度納付金額の比較(徴収委託金などを除く入学金、授業料などの比較)
  本学 私立大学平均 差額
看護学科 1455,000円 1,797,327円(※1) 342,327円
社会福祉学科 1065,000円 1,253,626円(※2) 188,626円
リハビリテーション学科 1500,000円 1,776,336円(※3) 276,336円
鍼灸スポーツ学科 1455,000円 1,967,556円(※4) 512,556円
口腔保健学科(※5) 1065,000円 - -

※1…全国107私立看護系大学平均
※2…全国150私立福祉系大学平均
※3…全国61私立リハビリ系大学平均
※4…全国9私立鍼灸系大学平均
※5…平成24年度現在、4年制私立大学で口腔保健学科設置なし。

 

その他

教科書代(必須科目分のみの大まかな金額となります。)
  看護学科 社会福祉学科 リハビリテーション学科
前期 後期 前期 後期 前期 後期
1年次 20,000円 17,000円 10,000円 10,000円 50,000円 35,000円
2年次 70,000円 15,000円 10,000円 10,000円 50,000円 50,000円

  鍼灸スポーツ学科 口腔保健学科
前期 後期 前期 後期
1年次 30,000円 30,000円 20,000円 20,000円
2年次 30,000円 20,000円 40,000円 30,000円
  課程履修費
  教職課程履修者 看護学科 保健師課程
3年次 26,000円 -
4年次 20,000円 80,000円
46,000円 80,000円
※助産師課程は平成27年度から専攻科へ移行する予定です。授業料等の詳細は決定次第、掲載します。 

お振込みにあたってのご注意点

現在、金融機関で入学金や授業料などの10万円を超えるお振込みを行う際、本人確認が必要となる場合がございます。

現金でお振込みする場合
金融機関窓口では、指定の振込み用紙とともに、お振込みの手続きを行う方の本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)が必要となります。なお、ATMでのお振込みはできません。

預金口座からお振込みする場合
ATM、窓口ともに口座開設時に本人確認手続きが済んでいる場合は、お振込が可能です。

また、保護者の方などが、振込名義人(受験生・入学者など)に代わってお振込みの手続きを行う場合には、金融機関では、お振込みの目的(入学金・授業料などであること)をお尋ねすることがあります。

※詳しくは、お振込みを依頼する金融機関にお問い合せください。

※金融庁ホームページ 「金融機関における本人確認について」
http://www.fsa.go.jp/policy/honninkakunin/

 
このページの先頭へ