ホーム  >  大学案内  >  学長メッセージ
学長メッセージ
自分の可能性に挑戦し、
将来に役立つ社会づくりを。

九州看護福祉大学は、すでに10期生を送り出し、これまで約3500人が卒業し常に95%以上の就職率を保っています。熊本県をはじめ、全国の保健・医療・福祉の現場で素晴らしい活躍をし、関係者の方々から絶大な評価と感謝のお言葉を頂いております。

このように優秀な人材を育成、輩出できるのは、人間性・倫理性を重んじた教育目標と高度な専門知識や技術の習得、幅広い教養、優れた教授陣等による丁寧で熱意ある指導の結果だと言えます。また、学生の皆さんの快適な学習のため、豊かな自然と立地を活かし、施設の充実と共に安全な教育環境づくりを心がけております。

本学は地元玉名市をはじめ熊本県と近隣地域の旧2市10町からの創設基金と、熱い思いから設立された公設民営の全国でも数少ない先進的経営形態の大学です。地域に根ざしつつ私学の自由な発想で教育・研究を展開でき、また学費の負担軽減や地元施設による実習生の受け入れ、卒業生の就職などあらゆる面で優遇されております。加速する少子高齢社会が保健・医療・福祉の内容を多様化させ、その専門職への期待を高める今、人や社会を支える仕事の大切さを感じます。また、時代のニーズに応じて平成22年度には鍼灸スポーツ学科、口腔保健学科を開設しました。

入学を希望されている方は崇高な意志をもって自分の可能性にチャレンジし、将来に役立つ保健・医療・福祉の社会づくりを目指し実現してほしいと願っています。

理事長・学長

学長
二塚 信

このページの先頭へ