ホーム  >  大学案内  >  理念とシンボルマーク
理念とシンボルマーク
建学の理念
現代の生活者が求めているものは、医療がその原点に立ち返ることである。医療の原点とは、ただ病を治すことだけではなく、生活の中で病をとらえ、生活を通して病を克服し、さらに病にならないような健康な生活をつくりだすこと、そのための全人的援助である。すなわち人々は、医療が施設から出て自分たちの生活の中に入ってきて、その生活を心身共に援助してくれることを待望している。

言うまでもなく、そのような援助の中核となるものは、社会生活への看護福祉であり、それは勝義には保健・医療・福祉活動と称するべきものである。ここに従来の保健・医療と福祉とが出会い、一つの統合的活動となる必然性がある。

九州看護福祉大学の設立は、こうした生活する人々の渇望に呼応して立案されたものであって、その目的は保健・医療・福祉活動についての研究及び人間的知見と能力を有した人材を育てることにある。

本学が設立されるこの地は九州の中域に位し、その教育研究活動が九州全域に翼を広げることのできる最適の地である。したがって、当地は九州の全域から人材を集め、かつ、育成することのできる要所であり、保健・医療・福祉の教育研究が発展し得る拠点となり得るものである。本学は、この地に屹立して我が熊本県城北地域の人々の保健・医療・福祉に貢献し、さらには我が国の保健・医療・福祉活動に新しい方向を示し、ひいては展望を切り開くことを目指すものである。

かくして、本学は、その教育と研究において地域の人々への全人的保健・医療・福祉活動を基盤としながら、九州全域にわたる、さらには我が国の全体にわたる保健・医療・福祉活動をも射程に入れるという目標をもち、これを以て建学の理念とするものである。
3つの基本理念
1. 地域とともに成長する大学
2. 生涯にわたって学べる大学
3. 近隣諸国と学ぶ大学
5つの教育方針

1. 「こころ」豊かな人間性を培い、個性を尊重する精神を養う。

2. 患者並びにクライエントとコ・メディカルスペシャリストとの間の人間関係と信頼性を確保する。

3. 論理的・学際的思考力を育成し、適切、かつ、柔軟性に富んだ判断力と分析力を養う。

4. 国際的な幅広い視点に立ち、最新の情報収集と情報発信能力を培うとともに、国際感覚の習得と創造的・意欲的な活動力を育成する。

5. 保健・医療・福祉に関する最新の知識と技術水準を向上させる。

シンボルマーク
「こころの豊かさ」を象徴するビッグハート
これから始まる21世紀の福祉社会は、同時に「こころの時代」の幕開けであり、シンボルマークの九州の形をしたハートも、本学の開学の精神を表したものです。 中心に描いた卵形は本学が位置する熊本県城北地域を表し、マーク全体で表す人の姿は、本学に集う熱き「こころ」を持った若者たちを象徴しています。 
  シンボルマーク

シンボルマーク
「ビッグハート」

国際交流協定の締結
本学は、基本理念の一つである「近隣諸国と学ぶ大学」の基に、保健・医療・福祉を国際的に見る感覚、国際感覚を身につけた専門家を養成すべく海外の大学と国際交流協定を締結しています。

アイオア・ウエスタン・コミュニティ・カレッジ(IWCC)
平成19年6月、アメリカ合衆国アイオア州クラリンダ市に本拠地を置く、アイオア・ウエスタン・コミュニティ・カレッジと教育研究及び学術交流を目的とした交流協定を締結。

又(ウー)石(スク)大学
平成20年4月、大韓民国全州(チョンジュ)市にある又石大学と姉妹校関係を締結。
このページの先頭へ